‘Sign Language Support Badges’ and ‘Deaf Badges’

ACTIVITY FOR THE GLOBAL ENVIROMENT

サポート(手話)バッジとデフ・バッジ

地球環境のためのアクティビティ

青少年のための活動

高齢者福祉



45周年記念アクティビティ


災害時用ブルゾン

Link・sitemap
サポート(手話)バッジとデフ・バッジ


1930年アメリカ、イリノイ州のピオリアライオンズクラブが目の不自由な方々に白い杖を寄贈しました。現在、世界中で見ることができ、誰もが知っている「白杖」の始まりでした。
時は移り21世紀、日本の330-A地区に所属する東京駒込ライオンズクラブは、
「手話」に対する理解を深めひいては「聴覚障害の方々」に対する理解を深めることにまで昇華されることを願い、また私たちが住む町に真の「バリアフリー」が実現される一助になればとの思いを込め「手話」で聴覚障害の方々をサポートされている「手話通訳者」の方々に「サポート(手話)バッジ」をまた聴覚障害の方々に「デフ・バッジ」をそして手話通訳者の方々に主に災害時に着用して頂く「災害時用手話通訳者ブルゾン」を作製しお贈り致しました。


手話通訳登録者用  手話上級講座修了者用        聴覚障害者用

「手話」は英語、フランス語、ドイツ語等と同じ言語です。外国語を習得する為には時間も費用も掛かります。「手話」の習得も時間、費用が掛かることは外国語のそれと同様ですが、その事以上に熱意と障害者の方々を思いやる気持ちが必要不可欠です。このことは「ボランティア精神」にも通じているように思われます。それだけに当クラブが「サポート(手話)バッジ」をお贈りすることにより、聴覚障害の方々の唯一の言語である「手話」で通訳の出来る方々が今以上に増えることは無形のバリアフリーを実現する為の大きな力に成りうる事と思います。
どうぞ、皆様方の地域にこの無形のバリアフリー実現の為、私共、東京駒込ライオンズクラブが作製致しました「サポート・バッジ」「デフ・バッジ」をご活用頂きまして手話の普及と聴覚障害の方々に対する理解をより深めて頂きますようお願い致します。

この事業を実施するに当たり関係者ならびに関係団体の皆様の多大なご協力、ご指導を頂きましたことに衷心より感謝申し上げます。

バッジに関するお問い合わせは当クラブ事務局までFax(03-5242-0482)でお願い致します。

日本ろう者劇団(http://www.totto.or.jp/jtdtop.html)
            Copyright (C) 2010 Tokyo Komagome Lions Club All Rights Reserved      by Bemica Inc.